世界遺産でネコに遭う

旅先でネコに遭うと、旅の楽しさが増幅されますね。
d0362305_18542888.jpg
実は、旅先でのネコ遭遇率が結構高いのです。
ネコへの嗅覚というものがあるなら、「遭いたいな〜」という気持ちを何処かに秘めているから
出会えるのかも知れません。

たまに、行く予定がある土地にネコがいる名所の情報を得ていて、その場所で是非遭いたいと
目的を持って訪れる事もあります。
それは、沖縄県にある今帰仁城でした。

沖縄県には「グスク(城)」と呼ばれる琉球王朝時代の遺跡が点在し、中には世界遺産に指定されている
所があります。
首里城が有名ですが、今帰仁城は王宮こそないですが、その規模の大きさに驚かされます。
いざ歩いてみると、広い敷地内には石段や坂や板橋などがあり、ちょっと気合いを入れないとなかなか回り
切れないことを思い知りました。

d0362305_18552738.jpg
その時は、城跡も見たかったですが、何よりココには数匹の「迷いネコ」がいることを
とあるネコ紀行番組(ネコ好きなら殆ど存じていると思われる「あれ」です)で
観ていたからでした。

城への入り口手前にあるこの案内所、工事中でしたが少し離れた場所に仮設の案内所が
あり、そこで訊ねたところ5匹ほどこの城跡にやってきているそうです。
案内所の人達はネコ達にゴハンをあげていて、彼らは夕方になると集まってくるそうです。
私が訪れた時は、ゴハンが出る頃迄2〜3時間ありましたが、少し離れた岩場でまったり
しているヤツに出会えました。

d0362305_18560391.jpg
世界遺産だけあって、平日でもよく人が訪れてました。
そんな、人がしょっちゅう行き交うのを全く気に掛けずにのんびり岩場で過ごしていたニャン。
ここに着いてから、帰るまでかれこれ二時間程、このニャンはずっとこの岩の上で
寝たり伸びをしたり、観光客を眺めたりしておりました。
こちらがガッツリ近づいてカメラを向けても全く動じません。
さすが世界遺産を住処にしているだけはあります。

d0362305_18564188.jpg
良い面構えです。

d0362305_18545629.jpg
完全にリラックスしてます。






[PR]
Commented by さくらなみき at 2017-05-25 21:47 x
ネコの気配、というんでしょうか。常にネコのことを考えていると「あ、こことか好きそうだな」とか「これは通り道になってるな」とかいうのが自然と分かるようです。そこで張っていれば未知との遭遇を楽しめるということだそうで。

自分もネコを被写体にするときは、ネコの注意がこちらから離れるまで息を潜めてますね。例えば耳がこっちから離れるまで待つ、といった感じです。

いわゆる「外ネコ」になると人擦れしているので、割と簡単に撮影に協力してくれるのですが、「そこまで無防備になって、ネコの誇りはどこに置いてきた」とツッコミ入れたくなることも少なくないワケでしてw
Commented by tono_love_neko at 2017-05-27 22:02
さくらなみきさんも、ネコへの嗅覚がスルドイですね!
写真には、それに写るモノに対して好きという想いが表れると
思っています。
見ていて心地良い写真はそんなものかも知れません。

ネコには住んでいる土地柄が表れると仰る方がいますが、それは強く感じました。
全てがそうとは限りませんが、人なつこかったり穏やかな雰囲気のネコに遭うと、出会う人達も話しかけ易かったりします。彼の地では、無防備でサービス精神旺盛な子によく遭いましたね〜
by tono_love_neko | 2017-05-24 19:08 | おそとネコ | Comments(2)